MISSON/VISION/CREDO

MISSON/VISION/CREDO

「今の自分たちがあるのはまわりのおかげ」
「人はまわりに生かされている」
自分が「ギブを受けている」ということにある時気づくと、
今度は自分が「ギブ」をしたくなる気持ちになりました。

「あなたのおかげで。。。」
「ありがとう」

人は人から感謝されると素直にうれしい。
そしてもっと何かをしたいという気持ちにもなると思います。
自らの欲求を満たしたときの喜びは一瞬で終わるが、
まわりの役に立てたと実感する時の喜びは何事にも代えられない。

また、因果応報という言葉の通り、
悪いことをすれば自分にも同様のことが振り返ってくるし、
良いことをすればいずれは自分にも良いことがある。
つまり、人生において良い時間を過ごせるかどうかは
「ギブの総和」によってつくられると思うのです。
それは「利他」という言葉にも通ずると思ってます。

「あなたのおかげで。。。」
「ありがとう」

という「テイク」をいただくために、
さらにその輪を世の中に広げるために、
CS-Cという会社をつくりました。

「CS-Cのおかげで。。。」
「ありがとう」

そう言っていただいて、笑顔になっていただきたい。
また、その活動の輪が世の中に伝わっていくことで、
もっとステキな、
笑顔があふれる世の中になっていく
きっかけになれば望外の喜びです。
そんなことを真剣に考え、信念を貫く会社でありたい。

そのような想い、決意からつくりました。
CS-Cは以下のMISSIONを宣言します。

MISSION

MISSON

CS-Cは「C」に笑顔になっていただくための
きっかけを提供します

・「Client ~クライアント~」

経営課題を解決することによって、
クライアントの悩みや不安が笑顔に変わる

・「Consumer ~消費者~」

普段の生活の中で世の中に少し良いことができることで、
いい気持ち、笑顔になれる

・「Country ~国~」、「Community ~地域~」、「Children ~子供~」

公益資本主義(※)の浸透により、
世の中の不均衡が少しずつ改善されていき、国、地域、子供たちに
笑顔が増えていく

※CS-C的な公益資本主義の定義
経済活動によって得た利益、蓄えたリソースをヒト、モノ、カネが
足りないエリア、組織へ再配分し、世の中の不均衡
(例えば世界では飢餓状態にある人が9人に1人に対して、
肥満状態にある人が3人に1人)を改善していきます。
具体的にCS-Cは以下を提供します。

1、会社で得た年間利益の3%を支援活動、寄付に充当

2、CS-C最大の強みであるマーケティングという武器を用いて、
消費者があらゆる消費活動において、無理なく支援活動に
参加でき、世の中の不均衡を改善できる仕組みづくり

VISION

VISION1

1年に一度はちょっと良いことをする人口が国内生産年齢人口と
同等になっている状態。

VISION2

公益資本主義が経済学の1つの分野として確立している状態。

CREDO

  • CREDO1

    【圧倒的にクライアントファースト~世界最強のハイパフォーマンスチーム~】
    世の中のトレンド、テクノロジーを取捨選択し、徹底的に論理的に科学し、
    独自にカスタマイズすることで得られるノウハウこそが我々の武器

    クライアントにとって、世界で最も投資対効果が高いチームでいよう。

    「CS-Cに出会えて本当によかった」

    仕事の成果はクライアントから感謝される数、笑顔になっていただける数、
    つまり、世界最強のハイパフォーマンスチームとは、
    世界で一番感謝されるチーム、笑顔になっていただけるチーム

  • CREDO2

    【集合天才】
    歴史的な偉業を成し遂げた天才は歴史上多数存在する。
    CS-Cに天才はいない。ただし、100人それぞれの知識、経験を1つに
    集約し、100人分の知識、経験を1人に結集させることにより、
    天才以上のパフォーマンスが発揮できる。
  • CREDO3

    【1人でも最強、チームなら無敵】
    お互いがプロフェッショナルであり、刺激し合い、助け合うチーム。
    お互いへの信頼と感謝の気持ちを持ち続けるチームでいよう。
    結果それが無敵のチームとなる。
  • CREDO4

    【気持ちのいいビジネス】
    クライアントに誠実なビジネスをすることは、
    自分に嘘をつかないことでもある。それはとても気持ちがいい。
    クライアントに誠実なビジネスとはクライアントメリットを
    最大化させることに全ての頭脳を集中すること。
  • CREDO5

    【クライアントの心のシェアを独占】
    ビジネス上のよきパートナーであり、
    いつでも相談できる身近な知り合いのような存在でいよう
  • CREDO6

    【ギブ&ギブ&ギブ&ギブ&ギブ&テイク】
    今自分たちがあるのはまわりのおかげという感謝を感じながら、
    常にギブをする存在でいよう
  • CREDO7

    【素直な心で、謙虚に誠実に】
    「素直さ」とは自分自身にいたらなさを認め、そこから努力する謙虚な
    姿勢のこと。「今日の自分は素直だったか」を常に自問自答し、
    日々を謙虚に誠実に過ごすチームでいよう。
  • CREDO8

    【想いは手法の上流にあり】
    戦略、フレームワーク、テクノロジーなどはあくまでも手法でしかない。
    「クライアント、メンバー、社会のために貢献したい」という想いが上流にあるかどうか。
    利己ではなく、利他の想いがあってはじめて手法はパフォーマンスを最大限に発揮する。

Caming Stage
daily work

CS-Cメンバーがどのような1日を過ごしているのか、
各職種で働くメンバーの1日を見ながら、自分が働く姿をぜひ想像してみてください。