CREATE SMILE C

MAGAZINE

大手広告代理店のメディアプランナーからCS-Cへ。私がCS-Cにジョインした理由。

森山 祐美
アナリスト

ー業務内容を教えてください。

オウンドメディア事業を担当してます。

オウンドメディア事業というのは、
世の中にあるペイドメディア(自社広告を有料掲載するメディア)の
掲載料が高騰しているため、広告宣伝費の最適化を図ることを目的に各クライアント用のメディアを育成する事業です。

各クライアントごとに業態や立地、客層が異なるので、
商圏調査、ペルソナ設定、SWOT分析などをしながらクライアントごとにベストなオウンドメディアを企画・開発します。

弊社は企画、サイト制作、運用(SEO対策、ブログ、SNSの運用など)、PR活動など多岐にわたる運用すべてを委託されてます。

そのメディア自体が収益を生むメディアにならないと意味がないので、お店への来店につながっているかをマネジメントしていきます。

 

ー森山さんは前職はどのようなお仕事をされてましたか?

大手広告代理店でメディアプランナーを担当してました。

メディア選定から買いつけまでをやってました。

 

ーCS-Cに入社したきっかけを教えていただけますか?

社内では「クライアントファースト」と言っているんですけど、
クライアントに対する意識の高さというか、プロ意識がかなり高いんです。

クライアントに言われたことをただやるのは迎合だと思うんですけど、
CS-Cはそれとは全然違ってて、プロフェッショナルとしてクライアントに頼られてる感じです。

それを面接を通して感じることができたのが大きいですね。
CS-Cメンバーとして働いてる今もそう感じます。

CS-Cの場合、クライアントの問題点を解決するための戦略立案をしつつ、
実際の運用、業績の検証までをワンストップでやってます。

CS-Cはそこが広告代理店と大きく違う点だと思いました。

 

ー今までで大変だったこと、苦労したことは?

ん~。

ないです(笑)

むしろこんな環境で働かせてもらっていいのかな。。。と(笑)

オウンドメディアや新規事業の立ち上げなど、
手を挙げれば任せてくれるのでかなり刺激がある日々を過ごしてます。

 

ー自分が成長したな、変化があったなと思うところは?

成長実感はあるんですけど、圧倒的な成長実感はないです。

今までは自分の得意分野を伸ばしているので、そうなるのかなと。

上司とよく話すんですけど、
これからの私の課題は設計能力です。

行動力には自信あるんですけど、物事を頭で組み立て、論理的に整理するといったことを思考する能力が弱いと思ってます。

大きな事業をやろうとすればするほど設計能力が必要になってくるので、
今のうちに鍛えておこうと上司と話してます。

 

ーCS-Cで実現したいこと、やりたいことは?

インバウンド用のメディア立ち上げをしたいです。

私が担当しているオウンドメディア事業も当初は存在しませんでした。
ただ、クライアントの業績改善には必要だという経営判断で事業が組成された経緯があります。

インバウンドはクライアントにとってとてもメリットがあるので、
ここのメディア立ち上げはやってみたいですね。

 

ー森山さんが感じるCS-Cの強みは?

「クライアントファースト」という考えが組織のDNAになっている点だと思います。

ここがぶれなければ何の事業をやっても大丈夫だと思います。

 

ー森山さんが感じるCS-Cの弱みは?

自分のことを棚に上げていいますと。。。

個人の力量にばらつきがあるかなと思ってます。

個人が努力する側面と、個人の力量に頼らない側面が必要だと思ってて。

専門性が高い職種なのでしょうがないところもありますけど、
会社としてはだからといって放置していい問題でもないと思います。

ボードメンバーの皆さんはいろんな経営戦略を検討してますし、
私たちからも意見させていただいてます。

私自身も早く成長するように努力します。
一方で会社としてはこの問題に取り組み続けることが大事なんだと思います。