CREATE SMILE C

MAGAZINE

リクルートでゼネラルマネジャーを務め、退職後は起業の予定だった僕がCS-Cにいる理由。

前之園 哲嗣
マネージャー

ー業務内容を教えてください。

前期までは飲食店様のコンサルタントとして活動してましたが、
今期からは新規事業の立ち上げを担当してます。

「C-mo」というマーケティングプラットフォームの担当です。

クライアント(約7,000店舗)へのコンサルティング活動から得られたデータ・ノウハウを定量化・アルゴリズム化し、
AI機能を搭載してます。

 

ー前之園さんは前職ではどのようなお仕事をされてましたか?

リクルートで働いてました。

ホットペッパーグルメ事業の
千葉支店、新宿支店全体のマネジメントを担当させていただいてました。

 

ーCS-Cに入社したきっかけを教えていただけますか?

もともと僕はリクルートを退職後は独立するつもりだったんですよね。

独立するために企業経営のノウハウを知りたくて、いろんな社長に聞きまわってました。
その頃、知り合い経由で紹介されたのが椙原さんです。

起業後のビジネスモデルや経営する上での注意点など丁寧に相談に乗ってもらいました。

本当は起業の相談のつもりだったんです。
起業の相談のつもりでいろいろ話してるうちにいつの間にかCS-Cの魅力に引き込まれてしまった(笑)

CS-Cの描いている壮大なビジョン実現に向けてチャレンジしたいと思ったことが大きいです。
自分が起業するよりも挑戦的だと思いました。

また、ボードメンバーの人柄ですよね。
この人たちと一緒にやってみたい、と思いました。

それと、クライアントファーストを本当に貫いている点ですね。
こんな会社本当にあるんだなと衝撃でした。。。

クライアントに迎合してるようなところは一切ないんですけど、
クライアント以上にクライアントを考えているというか。プロフェッショナルに徹してる感じ。

 

ー今までで大変だったこと、苦労したことは?

たくさんありますよ(笑)

大企業でしたから、体にしみついている仕事の仕方をカスタマイズさせるための葛藤がありました。

大企業にはレールがあります。
それに沿って仕事を進めていく感覚に近い。

それと、こうあるべきだという価値観が当時はあった。
制度やカタチにこだわる自分がいたんだと思いますね。

CS-Cは何もないところからつくるビジネスの連続なので、
思考の量と質が圧倒的に求められるのと、優先順位などを常に考えながら設計が必要になる。

慣れるまでは大変だったけど、
今はかなり視野が広くなった気がします。

 

ー自分が成長したな、変化があったなと思うところは?

挙げたらきりがないぐらいあります(笑)

思考の幅と深さが広がったことや、アクションのスピードに特に変化があったと思います。

 

ーCS-Cで実現したいこと、やりたいことは?

CS-Cのビジョン(※1)にある通り、
ローカルビジネス(※2)のプラットフォームをつくりたいですね!

※1 マーケティング、AiT、コンサルティングスキルを武器とし、

ローカルビジネスの活性化を通じて、消費者に日々の楽しみを提供し、

店舗、街・地域、国が活性化されている状態。

※2 店舗ビジネス(飲食店舗、美容室、ネイル、エステ、ネットカフェなど)の総称