CREATE SMILE C

MAGAZINE

都銀から上場企業役員。そしてベンチャーの世界へ。『CS-Cメンバーの人柄に惚れた。』 林が語るCS-Cの魅力とは?

林 宏一
管理部長

ー業務内容を教えてください。

管理本部を担当してます。

人事、経理、財務、法務、総務をマネジメントしています。

 

ー林さんは前職ではどのようなお仕事をされてましたか?

大学を卒業してから十数年間を都市銀行で過ごした後に、
アプレシオという会社で取締役として経営企画部門を担当してました。

主な役割は上場までの準備とファイナンスです。
上場後はIR担当もしてましたね。

その後、コスト適正コンサルティング会社のビズキューブという会社で役員を務めておりました。

 

ーCS-Cに入社したきっかけを教えていただけますか?

一つはボード陣の人柄ですね。
人格が素晴らしく、とても誠実で謙虚なメンバーだなと感心しました。

それと、ビジネスモデルです。
CS-Cのビジネスならクライアントに本当に貢献できるなと思いましたし、
将来への期待も強く持てました。

当時はコンサル系やファンド系などいくつかお話はいただいていたのですが、
一番やりがいを感じられると確信したのでCS-Cを選びました。

 

ー今までで大変だったこと、苦労したことは?

ベンチャー企業の苦労なんてすべては想定の範囲内ですよ(笑)

 

ー自分が成長したな、変化があったなと思うところは?

これはCS-Cメンバーの影響だと思うんですけど、
思考がものすごくポジティブになりました。

管理本部というのは会社を守る役割が多いのですが、
取組みスタンスとしてはどんどん攻めていこうと。

 

ーCS-Cで実現したいこと、やりたいことは?

メンバーが働いていることに誇りを感じることができる会社にしたいです。

 

ー林さんが感じるCS-Cの強みは?

明確なビジョンと戦略。

それとメンバーの質が高いことだと思います。

数々のベンチャー企業をみてきてますが、
CS-Cの人材の層の厚さはなかなかないと思います。

 

ー林さんが感じるCS-Cの弱みは?

ベンチャー企業ならではですが、仕組みや体制が不十分ですね。
今急ピッチで用意してるので、あと少しお待ちを(笑)