株式会社CS-C(シーエスシー/CSC)

MAGAZINE

クライアント利益? 自社の利益?

本所 佳香
アソシエイト

―業務内容を教えてください。

飲食店舗のWEBマーケティングに関わるコンサルティングをさせていただいてます。

クライアントの課題抽出、戦略立案をするといったいわゆるコンサルティングに加え
実際の実行、検証までをも我々が行うのが弊社の特徴です。

かなり深いところまで入り込み、業績改善までのプロセスをすべて代行します。

クライアントの社外CMO(Chief Marketing Officer=最高マーケティング責任者)といった役割を任されてます。

 

 

―本所さんは前職ではどのようなお仕事をされてましたか?

リクルートで3年働いた後に、
ある大手WEBマーケティング会社で主にSNSマーケティングを担当してました。

 

 

―CS-Cに入社したきっかけを教えていただけますか?

前職時代にいた会社は世間から注目されていて、業績も伸びていました。

ただ、私は広告の運用だけではなく、もっとクライアントの業績貢献につながる仕事がしたいと少しずつ思うようになってきてたんです。
クライアントの業績と自社の利益が一致する仕事がしたいなあと。

自分が納得できる仕事がしたいと思って転職活動を始めたんですけど、CS-Cの求人をみた瞬間に運命を感じました。
クライアントの利益と会社の利益が一致してる会社だ、って感じたんです。

ビジネスをやっていると会社の利益とクライアントの利益が相反する場面がどうしても出てきます。
私も会社の利益を優先してきた時が何度かありました。

CS-Cでダメなら私には他はないと思って面接に臨みました(笑)

 

 

―今までで大変だったこと、苦労したことは?

良い意味で、まだ苦労という程のことはないかな。

日々余裕はないですけど。。。

 

 

―自分が成長したな、変化があったなと思うところは?

CS-Cは世の中にないスタイルでビジネスをしてるので、前例がないというか、答えがないと思うんです。
なのでそれにチャレンジしていること自体が成長、変化なんじゃないかな。

それと、クライアントや社内から頼りにされることがあると成長実感が湧くし、もっともっと成長したいな、と思います。

 

 

 

―CS-Cで実現したいこと、やりたいことは?

まずは自立したコンサルタントになること。

それと、女性だからこそできるマネジメントもあると思うんです。
そんなキャリアをつくりたいなと思ってます。

 

 

 

―本所さんが感じるCS-Cの強みは?

経験できる量と質が圧倒的なので、成長スピードが早いですね。

 

 

 

―本所さんが感じるCS-Cの弱みは?

う~ん、教育?

時には型にはめる教育も必要だと思います。

コンサルタントになるための教育やWEB、テクノロジーをインプットするための環境はありますけど、
もっと当たり前のところの教育ですかね。

例えばビジネスマナーとか。まだ足りないと思います。

それと、フォロー体制。

人数が増えると一定確率でどうしてもついてこれないメンバーも出てきます。
不安や不満をしっかり聞いて、相談を聞けるようにした最近のメンター制度はとても良いと思います。
これからも人数が増えていくと思うので、常にアップデートしながら良い仕組みにしていければいいと思います。