Top message
代表メッセージ

「経済」という言葉の語源は「経世済民」といわれます。
「人々が豊かに暮らせるための手段として経済がある」という意味になります。

本来、経済というものはそういう目的で存在すると思います。

資本主義が誕生し、約250年間に及ぶ資本主義の追求の結果、極端な格差社会へ突入しました。

利己心を満たすための手段として経済があることの否定はしません。
それが世の中の発展を促す大きな原動力となっているのも事実です。
必要な要素だと思います。

しかしながら、そんな世界が疲弊してきているのも事実ではないでしょうか。
世界が利己だけではなく、利他の精神も必要としています。

我々はビジネスを通して社会の課題を解決するためにCS-Cを設立しました。

「かかわるCに次のステージを提供し、笑顔になっていただく」

これがCS-C ミッションです。
また、ビジョンがこちらになります。

    • マーケティング、テクノロジー、コンサルティングスキルを武器とし、ローカルビジネスの活性化を通じて、
      消費者に日々の楽しみを提供し、店舗、街・地域、国が活性化されている状態。
    • ローカルビジネスとは:個人事業主や中小企業を中心とした、地域に根付いた店舗ビジネスの総称。食・美・旅・衣などのジャンルがある。
  • 公益資本主義の浸透により、ビジネスと社会貢献が両立する世界が確立している状態。

この2つのビジョンを具現化することにより、
世界は今よりもっとステキな世界になり、笑顔が増えると信じています。

これらはまだ誰もカタチにしたことがないテーマとなりますが、CS-Cはここにチャレンジしています。

世の中にないからこそ、実現できた時には
それによって笑顔になれる人、幸せになれる人、喜ぶ人が数多くいると思います。
実現させたいビジョンが大きければ大きいほど、多くの方々の助け、仲間が必要になります。

このビジョンに共感してくださる方々のおかげでCS-Cは存在できているのだと思います。
いつもご協力、ご助言いただき有難うございます。

日頃、弊社を支えてくださっている皆様への最大限の感謝を込めて。

CS-Cメンバー代表 椙原 健

Mission & Vision
私たちの使命 & 私たちが目指す未来

かかわるCに次のステージを提供し笑顔になっていただく
Mision & Vision
子ども
CHILDREN

公益資本主義の浸透により、世の中の不均衡が少しずつ改善されていき、子どもたちに笑顔が増えていく

公益資本主義の浸透により、
ビジネスと社会貢献が両立する世界が確立している状態。

CS-Cが目指す世界観

ローカルビジネスで広まる世の中の笑顔
ローカルビジネスとは
個人事業主や中小企業を中心とした、地域に根付いた店舗ビジネスの総称。
食・美・旅・衣などのジャンルがある。

ローカルビジネスの問題点
参入障壁が低いため、店舗過多になりやすい。
結果、レッドオーシャン化へ。
マーケティングで差別化する必要性があるが、
中小企業が多く、資本力・人材不足によりマーケティングDX化が遅れている。

創りたい世界観
  1. 店舗のDX化により、生産性を極限まで引き上げる。
  2. 消費者の来店・閲覧履歴、オンラインでの購買履歴など、多様な行動データを蓄積。
    ローカルビジネス×OMOを実現することにより、消費者にとって最適なCXを提供。

OMO

Credo
5つの行動指針

credo
圧倒的に
クライアント
ファースト

credo
Give & Give

credo
集合天才

credo
1人でも最強、
チームなら無敵

credo
素直な心で、
謙虚に誠実に